大阪でダイビングライセンスを生かせる仕事

ダイビングライセンス 大阪

綺麗な海に魅了された人が取得するダイビングライセンスですが、実際にはどうやって取得し、どのように活用しているのでしょうか。大阪を舞台にして、お話ししていきます。まずはライセンスのお話しからです。ダイビングライセンスはcカード、cライセンスなどと呼ばれています。CertificationCardの略称で、認定証という意味です。正確には資格ではなく、認定というわけです。日本には潜水士という国家資格もあります。それはレジャーでダイビングをする為のものではなく、仕事としてする為の資格です。ですから、潜水士の資格ではダイビングはできません。レジャーでダイビングをしたい場合、ダイビングライセンスの取得が大条件になります。また、ダイビングライセンスを取得する事により、それを仕事にできたりもします。

大阪でダイビングライセンスを取得する方法

ダイビングライセンスには、種類があります。ひとつはオープン・ウォーター・ダイバーで、初級Cカードとも呼ばれています。初心者が取得するもので、このライセンスを取得すれば、世界中の海で推進18m以内であれば楽しむ事ができます。その上級が、アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバーです。こちらは中級Cカードと呼ばれており、より深くの水深まで潜る事が可能なライセンスです。いずれにしても、大阪でダイビングライセンスを取得するには、スクールに通う必要があります。インターネットで検索してみると、たくさんのスクールが表示されてきます。自宅から通いやすい場所や実績の多いスクールを選びましょう。金額はスクールによって違いますが、多くは3万円程となっています。いくつかのスクールを絞り込み、決めていきましょう。

大阪でダイビングライセンスを生かす方法

さあ、大阪で無事ダイビングライセンスを取得したら、あとは海で楽しむだけです。綺麗な海の中で水中散歩していると、ずっといたくなりますね。そして、趣味だけで終わらせるのがもったいなくなります。そこで考えるのが、ダイビングライセンスを生かせる仕事は無いのだろうか、という事になります。まずはダイビングが好きだからという理由で、ダイビングショップで働く事もひとつの手段です。好きな事を仕事にできるというのは、素敵です。しかしそれでは。ライセンスを生かす事になりません。生かす為に最も良い職業は、インストラクターです。もちろん、インストラクターの試験に合格しなくてはならなかったり、きつい事もあるでしょう。しかし、せっかく取得したライセンスを生かすには最適な仕事です。是非インストラクターになって、未来のダイビングライセンス取得者の手助けとなりましょう。